何故、一度販売中止になったバリフが通販サイトで販売されているの?

何故、販売中止のバリフが販売中?

何故、販売中止のバリフが販売中?

勃起不全の治療薬であるバリフが販売中止になったと勘違いする人も多く見られます。実際には販売中止にはなっていません。ただし今後在庫がなくなれば販売終了になります。

バリフはレビトラのジェネリック医薬品としてインドの製薬会社であるアジャンタ・ファーマ社が製造・販売していました。レビトラは日本のバイエル社が開発した勃起不全の治療薬です。

基本的に世界中の国々で特許が認められています。しかしインドでは特許が認められていなかったため、ジェネリック医薬品の製造・販売が自由に行われていました。

本家のレビトラと比較すると2割程度の価格で購入できるため人気があり、日本でもインターネットの個人輸入代行サイトを通して多くの利用者が購入しています。

バリフなどレビトラのジェネリック医薬品には、有効成分のバルデナフィルが含まれているという特徴があります。レビトラのジェネリック医薬品には他にもジマトラやサビトラ、ブリトラなどが存在します。

バイエル社はインドの高等裁判所に訴訟を起こし、バルデナフィルを含む医薬品の製造と販売の停止を求めました。インドの高等裁判所は製造の停止だけを認め、販売停止を認めなかったため現在でも在庫品の輸出が続いています。

販売中止となったわけではないので、個人輸入代行サイトを利用すれば購入可能です。しかし在庫がなくなれば販売が終了することになります。バリフは安価な勃起不全の治療薬として人気です。

そのため近い将来、在庫がなくなり販売が終了すると予想されています。その他のジェネリック医薬品であるジマトラやサビトラ、ブリトラなどは製造も販売も継続しているので問題はありません。

ただしこれらのジェネリック医薬品も将来的に製造・販売が中止になる可能性は存在します。ジェネリック医薬品の製造・販売が中止になった場合には、高価なレビトラを使用することになります。

安価に勃起不全の治療を継続するためには、早いうちにある程度の量を確保しておくことが重要です。

レビトラは経口タイプの治療薬で、服用するとペニスの血流量が増加します。即効性があり30分から1時間ほどで効き目を実感できますが、催淫効果はないため日常生活の障害となることはありません。

本家のレビトラを使用するとジェネリック医薬品と比較して5倍から6倍の費用が必要になります。

ジェネリック医薬品が販売中止となった場合には、バイアグラなど他の治療薬を使用するのが合理的です。

バイアグラにもジェネリック医薬品が存在するので、バリフと同じくらいの費用で勃起不全を治療できます。