今後もバリフが販売中止になる事がある?これは在庫次第なの?

またバリフが買えなくなるのか?

またバリフが買えなくなるのか?

バリフは勃起不全の治療薬として有名なレビトラのジェネリック医薬品です。日本では勃起不全の治療薬としてレビトラとバイアグラ、シアリスの3種類が認められています。

レビトラには有効成分のバルデナフィルが含まれており、錠剤を服用するとペニスへの血流が改善されます。効果が現れるまでには服用して30分から1時間ほどの時間が必要です。

1日1回、水かぬるま湯で服用します。服用量が10mgだと5時間から6時間、20mgだと8時間から10時間ほど効果が続きます。性欲を増強したり、性的興奮を高める催淫作用はなく、あくまでペニスへの血流量を改善するだけです。

性行為時に刺激を与えると勃起しやすくなりますが、日常生活の支障となることはありません。レビトラにはバルフやジマトラ、ブリトラ、サビトラなどジェネリック医薬品が存在します。

バリフなどジェネリック医薬品にも、レビトラと同様に有効成分のバルデナフィルが含まれています。効果もレビトラとほぼ同じですが価格は本家の2割ほどで済みます。

レビトラを開発したのは日本の製薬会社であるバイエル社です。バルデナフィルは特許が守られているので、日本ではジェネリック医薬品の製造が認められていません。

海外ではジェネリック医薬品を製造・販売している国があり、個人輸入代行サイトを通して購入できます。バリフはインドのアジャンタ・ファーマ社が製造・販売しており、バイエル社は製造中止と販売中止を求めてインドで訴訟を起こしました。

2017年の1月にインドの高等裁判所は製造中止についてはバイエル社の主張を認めましたが、販売中止については棄却しています。現在バリフは製造中止の状態にありますが、在庫が残っているので海外への輸出は継続中です。

今後在庫がなくなれば販売中止になる予定となっています。レビトラにはバリフの他にもジェネリック医薬品が存在します。ジマトラやブリトラ、サビトラなどは製造も販売も中止されていないので、個人輸入代行サイトを通して購入できます。

価格もレビトラよりも安いので少ないコストで勃起不全の治療が可能です。ただしジマトラなどのジェネリック医薬品にも、将来製造中止になる可能性は存在します。

ジェネリック医薬品が完全に販売中止になった場合には、本家のレビトラを使用することになるのでコストがかかります。安価に治療を続けるには、在庫がなくならないうちにジェネリック医薬品の確保が必要です。

バイアグラやシアリスにもジェネリック医薬品が存在するので、そちらに切り替えるという方法も存在します。